3月1日開始 スペシャルティコーヒー

平成29年3月1日(水)より下記のスペシャルティコーヒーメニュー『エチオピア モカ サンドライ』が導入となります。是非ご賞味ください。

 

【3月のスペシャルティコーヒー】 『エチオピア モカ サンドライ』

スペシャルティコーヒー ◆製品情報
・標高:1,850~2,000m
・栽培品種:エチオピア原種 Heirloom(エアルーム:在来多品種の意)
エチオピアの有名産地シダモ地区で産出されるコーヒーは深みのあるチョコレートのような甘さ、花のような香りを持ち、モカフレーバーと呼ばれる特筆すべき香味を有します。シダモ地区のコーヒーはその素晴らしく華やかな香味特性から『コーヒーの女王』と言われることもあります。今回のロットは仕入先にこだわり、丁寧な精選・選別加工を施す輸出業者(BNT Industry & Trading社)のナチュラル(非水洗式)コーヒーをお届けします。雑味がなくモカフレーバーを純粋に楽しめるコーヒーを作って頂きました。お楽しみください。
スペシャルティコーヒー ◆生産国・エリア情報
エチオピアはコーヒー発祥の地ともいわれ、年間390,000トン(2016年)の生産量を誇る世界でも有数のコーヒー生産国です。日本でもモカコーヒーとして親しまれ、輸入量は18,600トン(2015年)と比較的多くの量を輸入しています。エチオピアコーヒーの精選方法は、ナチュラル(非水洗式)が70~80%、ウォッシュド(水洗式)が20~30%の割合で、ナチュラルの生産量はブラジルに次ぐ第2位、ウォッシュドはアメリカを中心に根強い人気があります。また、コーヒーの約9割が1ヘクタール未満の小農家で生産され、多品種を掛け合わせて改良されたハイブリッド等の栽培品種が少なく、自生している半野生の原種が多いことから独特の風味を持ったコーヒーが多く存在します。