7月1日開始 スペシャルティコーヒー

2017年7月1日

世界各国の農園で栽培される厳選した豆を、こだわりのスタイルで提供いたします。

 

【7月のスペシャルティコーヒー】 『インドネシア マンデリン アチェ -スマトラ式精選が生み出す特徴的な味わい-』

スペシャルティコーヒー ◆製品情報
・標高:約1,450m~1,500m
・栽培品種:ティムティム他※ティムティム(Tim Tim)⇒ティモール・ティムール(Timor Timur)の略称でインドネシア国内の生産者からは「ティムティム」と呼ばれています。豆の形状は細長く、葉は大きく多い。
・精選方法:スマトラ式
・生豆輸出規格:Grade 1(インドネシア輸出規格の最上級規格)
スマトラ式は生豆の状態で乾燥を行う方法です。近年、世界的に知名度を上げているアチェ州の中でもゲガラン地区に産地を指定。小農家が多い地区ですが、精選設備を持つコレクターがチェリー(果実)の状態で集買し、均一に精選。 仕上がった生豆を手作業で選別(欠点除去)することで、安定した品質の生豆に仕上がります。この独特な精選方法と丁寧な選別から生まれるややフルーティーな香味と、深煎りにすることで引き出されるダークチョコレートのような香味をお楽しみください。
スペシャルティコーヒー ◆生産国・エリア情報
インドネシアは世界最大の群島国家で島の数は17,000を越えると言われています。膨大な数の島々が東西5,000kmに及んで東南アジアの海域に浮かび、その距離はアメリカの東西幅よりも長く、まさしく海の大国です。 インドネシアのアラビカコーヒー生産量の60%以上を占めるスマトラ島には、いくつもの火山があり、島全域に有機物質に富んだ火山性の土壌が見られます。 また島のインド洋側には南北に山脈が広がり、その山脈に沿ってコーヒー栽培は行われています。スマトラ島は、土壌は肥沃ですが、高温で降水量が多く年間150日から200日は降雨があり、 乾季があまりはっきりしない地域です。そのような気候的制約がある中で、「スマトラ式」と呼ばれる伝統的な独自の精選、乾燥方法が生まれました。 その独特な精選方法と気候風土が相まってマンデリン特有の深緑色の生豆が出来上がり、また特有な風味や味わいを有すると言われています。