2月1日開始 スペシャルティコーヒー

2018年2月1日

世界各国の農園で栽培される厳選した豆を、こだわりのスタイルで提供いたします。

2018年2月1日(木)より下記のスペシャルティコーヒーメニュー 『コロンビア ポパヤン リージョナルコーヒー』が導入となりました。是非ご賞味ください。

 

【2月のスペシャルティコーヒー】 『コロンビア ポパヤン リージョナルコーヒー』

スペシャルティコーヒー ◆製品情報
・標高:1,700m程度
・栽培品種:コロンビア種やカスティージョ種がメイン
・精選方法:水洗式(Fully Washed)
・輸出規格:エクセルソ スクリーンサイズ15up
今月は同国の南部に位置するカウカ州ポパヤン地区のエリア指定コーヒーをお届けします。ポパヤン地区は標高が高く、地形・土壌・気候等の条件が比較的均一である為、エリア内で生産されるコーヒーの香味は高いレベルで安定しており、また明るい酸味や柑橘系のフレーバーが強い傾向にあり、FNCが定めるリージョナルコーヒー※として認証されています。※FNCが定める、スペシャルティコーヒープログラムの1つで、産地の特性・味わいを明確に有するロットに付与されます。
スペシャルティコーヒー ◆生産国・エリア情報
コロンビア共和国は、太平洋・カリブ海に面した熱帯性気候の国で、国土の西側を南北にアンデス山脈が走り、広大な山岳高原地帯のほぼ全域でコーヒーが栽培され、水洗式アラビカ種の生産量は世界第1位(世界生産量の約10%)を誇ります。同国のコーヒーは生産者の90%が小規模農家ですが、『FNC』(コロンビアコーヒー生産者連合会)の丁寧な技術指導により高品質なコーヒーが国内各地で生産されております。
TOPへ