5月1日開始 スペシャルティコーヒー

2018年5月1日

世界各国の農園で栽培される厳選した豆を、こだわりのスタイルで提供いたします。

2018年5月1日(火)より下記のスペシャルティコーヒーメニュー 『ブラジル ラランジャル農園 -イエローブルボン-』が導入となりました。是非ご賞味ください。

 

【5月のスペシャルティコーヒー】『ブラジル ラランジャル農園 -イエローブルボン-』

スペシャルティコーヒー

◆製品情報

・農園主:ルーカス・ヘンリック・フィゲイレード氏
・クロップ(収穫年):2017/18
・標高:1,050~1,300m
・輸出規格:NO.2 スクリーン15UP
・栽培品種:イエローブルボン種

スペシャルティコーヒー ◆生産国・エリア情報
ブラジルは人口、国土面積、経済力において南米大陸の半分を占める大国で、中でもコーヒーの生産量は世界第1位(約32%)となっております。今回お届けするラランジャル農園はブラジルのアラビカコーヒー生産量の大部分を担うミナス・ジェライス州に位置し、山々に囲まれた傾斜地、ミネラル分が豊富な火山性土壌、十分な寒暖差のある気候といったコーヒー栽培にとって恵まれた地理的特徴を有しています。また今回のロットであるイエローブルボン種はアラビカコーヒーの中の1つの品種です。基本的にコーヒーチェリー(果実)は完熟すると真っ赤に色が変化しますが、このイエローブルボン種は黄色く完熟する特徴があり、独特な味わいは世界中のコーヒー愛飲家から高く評価されています。丁寧な栽培、完熟チェリーのみを手摘み収穫して品質の高いロットに仕上げましたので、この機会にぜひご賞味下さい。
TOPへ