4月1日開始 スペシャルティコーヒー

世界各国の農園で栽培される厳選した豆を、こだわりのスタイルで提供いたします。

2020年4月1日(水)より下記のスペシャルティコーヒーメニュー『ケニア -キアンドゥー』が導入となります。是非ご賞味ください。

【4月のスペシャルティコーヒー】『ケニア -キアンドゥー』

スペシャルティコーヒー

◆製品情報

・生産国:ケニア共和国
・ニエリ地区
・栽培品種:SL28とSL34が主要、Ruiru 11、Batian
・精選方法:ウォッシュト(水洗式)
・香り、味わい:グレープフルーツを思わせる柑橘系の香りと酸味
・アフターテイスト:バターのようなコク深い余韻。

スペシャルティコーヒー

◆生産国・エリア情報

ケニアは東アフリカ赤道直下にあり、北にモカで有名なエチオピア、南にキリマンジェロで有名なタンザニアに挟まれた国です。ケニアは、コーヒー栽培に適した土壌、標高、気候といった条件が揃っており、世界的に品質の高いコーヒー産地のひとつとして知られています。 今回はケニア山南西に位置し、標高が高く、肥沃な火山灰土壌を有するニエリ地区で精選されたロットを選定致しました。栽培されたコーヒーチェリーは手摘みされ、収穫されたその日のうちに完熟豆のみが、コーヒーチェリーをパーチメントの状態まで精選する水洗工場:ウェットミルに持込まれ、脱肉処理されます。その後、アフリカンベッドという木製の棚に金網を付け、麻袋などを敷いた乾燥棚でじっくり乾燥させています。

TOPへ