1月1日開始 スペシャルティコーヒー

RUNOA COFFEE 銀座インズ店におきまして、平成29年1月1日(日)より下記のスペシャルティコーヒーメニュー『ルワンダ コパカマ』が導入となります。是非ご賞味ください。

【スペシャルティコーヒー】 『ルワンダ コパカマ』

◆生産国・エリア情報
ルワンダ共和国、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する共和制国家。内陸国であり、西にコンゴ民主共和国、北にウガンダ、東にタンザニア、南にブルンジと国境を接しています。 国土面積は、北海道の3分の1ほどで、アフリカで最も人口密度が高い国です。なだらかな丘陵地帯が国土全体に広がっていることから「千の丘の国」と呼ばれています。コーヒーは、欧米の援助によりウォッシングステーション(水洗式の精選所)が各地で建設され、スペシャルティコーヒー産地として世界的に知られるようになってきています。ウォッシングステーションの数は、2000年には2つしかなかったものが、現在では全国で約250箇所までに増加。これに伴いfully washed(水洗式コーヒー)の割合も増加し、2005年当時、生産量の4%くらいであったものが、近年では約30%まで急増しており、品質の向上が図られています。
スペシャルティコーヒー
スペシャルティコーヒー ◆製品情報
・標高:1,700~2,000m
・栽培品種:ブルボン、他
コパカマ(KOPAKAMA)は、Koperative y' Abahinzi ba Kawa ba Mabanzaの略称で、マバンザコーヒー生産者組合の意。この組合は、キブ湖東岸のルワンダ西部州にあるルトゥシロ地区に位置し、組合員である小農家から集められたコーヒーチェリー(果実)が2箇所のウォッシングステーションで精選されます。