スペシャルティコーヒー

2019年10月1日

世界各国の農園で栽培される厳選した豆を、こだわりのスタイルで提供いたします。

2019年10月1日(火)より下記のスペシャルティコーヒーメニュー『コロンビア ラスフローレス農園』が導入となりました。是非ご賞味ください。

【10月のスペシャルティコーヒー】『コロンビア ラスフローレス農園』

スペシャルティコーヒー

◆製品情報

・生産国:コロンビア
・エリア:サンタンデール県エルピンチョテ地区
・栽培品種:カスティージョ
・精選方法:ウォッシュト
・香り、味わい:アーモンド、ダークチョコレートのような香り
・アフターテイスト:カラメルのような余韻

スペシャルティコーヒー

◆生産国・エリア情報

コロンビアは日本の3倍の国土面積を有し、南北にかけてアンデス山脈が連なっています。広大な山岳地帯のほぼ全域でコーヒーが栽培され、水はけの良い肥沃な土壌など栽培に適した環境から水洗式アラビカコーヒーの生産量は世界1位を誇ります。急峻な傾斜地で栽培されている為、機械ではなく人の手で赤く熟した果実が丁寧に収穫され、香りや味わいに優れた高品質なコーヒーが生産されます。今回のロットの生産地、サンタンデール県は環境保全に有益な栽培システムを保ち、自然と調和したコーヒーの生産により農薬の利用を大幅に削減した地域です。なかでもラスフローレス農園は生物多様性に富み、現地特有の石灰石土壌によって、バランスのとれたコク深い味わいを特徴とするコーヒー豆が生産されます。

TOPへ