スペシャルティコーヒー

2020年8月1日

世界各国の農園で栽培される厳選した豆を、こだわりのスタイルで提供いたします。

2020年8月1日(土)より下記のスペシャルティコーヒーメニュー『タンザニア ‐シミリングワンダ農園‐』が導入となります。是非ご賞味ください。

【8月のスペシャルティコーヒー】『タンザニア ‐シミリングワンダ農園‐』

スペシャルティコーヒー

◆製品情報

・生産国:タンザニア連合共和国
・ソングウェ州 ヴワワ地域
・栽培品種:Nilson、Kent、Compact
・精選方法:ウォッシュト(水洗式)
・香り、味わい:カシスを思わせる香りと糖蜜のような甘い味わい。
・アフターテイスト:ほのかに香るライムの余韻。

スペシャルティコーヒー

◆生産国・エリア情報

東アフリカに位置するタンザニアは、タンガニーカと呼ばれる本土部とザンジバル島からなり、野生動物の楽園と知られるセレンゲティ、ンゴロンゴロなどの国立公園、アフリカ最高峰のキリマンジャロ山、ビクトリア湖などの豊かな自然に恵まれています。コーヒー生産の歴史は、今からさかのぼること約300年前、ビクトリア湖の西にあるブコバ地方に、ウガンダのブニョロ族がコーヒーの種子を持ち込んだのがはじまりと言われています。今回は、タンザニアのシミリングワンダ農園で生産されたロットを選定いたしました。肥沃な赤土土壌で生育され収穫したコーヒーチェリーは、パルピング(脱肉)後72時間かけて発酵処理を行います。そして選別後、「アフリカンベッド」という木製棚の上でゆっくり天日乾燥することで、高い品質の珈琲が生産されます。

TOPへ