沿革

  • 有限会社花見煎餅 (その他の関係会社)の喫茶部門独立のため有限会社花見商事(資本金1,000万円)を設立し、日本橋に第一号店を開店する。
  • 有限会社花見企画(有限会社モンブラン珈琲販売)を設立。
  • 有限会社銀座ルノアール( 現・連結子会社)を設立。
  • 組織変更並びに社名変更し、株式会社銀座ルノアール資本金7,350万円となる。
  • 喫茶業において初めてPOSシステムを導入し営業資料の把握及び管理業務の効率化を計る。
  • 株式会社アートコーヒーとの共同出資により、株式会社アミーゴを設立。
  • 株式会社ニュー花見(昭和62年7月設立)及び有限会社花見珈琲を吸収合併する。
  • 本社所在地を東京都杉並区高円寺北2丁目2番1号に移転する。
  • 株式を店頭売買銘柄として社団法人日本証券業協会に登録する。
  • 自家発行型プリペードカードを導入し、顧客確保、販売促進及び顧客サービスの充実を図る。
  • 株式会社テスラ(埼玉県和光市)の全株式を取得し、株式会社モンブラン珈琲に社名変更し、自家焙煎をスタートさせる。
  • 本店所在地を東京都杉並区高円寺北2丁目2番5号に移転する。
  • 低価格形態のコーヒーショップ、「ニューヨーカーズ・カフェ室町店」を開店する。
  • 株式会社羽前を設立し、喫茶等事業以外の日本そば事業に進出する。
  • 新業態の喫茶店「カフェ・ミヤマ」1号店を新宿南口へ出店する。
  • 株式会社アミーゴ、株式会社モンブラン珈琲及び有限会社モンブラン珈琲販売を合併。
  • 連結子会社(株式会社羽前)の株式を売却し、日本そば事業より撤退。
  • 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
  • 電子マネー「Edy」を導入し、顧客サービスの充実を図る。
  • 貸会議室「プラザ八重洲北口」を開店し、貸会議室の拡大を図る。
  • ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場。
  • 本店所在地を東京都中野区中央4丁目60番3号に移転する。
  • 株式会社ビーアンドエムの全株式を取得し、子会社とする。
  • 新業態の喫茶店「ミヤマ珈琲」1号店を埼玉県朝霞市に出店する。
  • キーコーヒー株式会社と資本・業務提携を締結する。
  • 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。
  • 新業態の喫茶店「瑠之亜珈琲」1号店を東京都中央区銀座に出店する。
  • 「ミヤマ珈琲」のフランチャイズ1号店を熊本県熊本市に出店する。